KTM、2020年のファクトリー体制及びサポートチームを発表


アメリカKTMは、2020年におけるレッドブルKTMファクトリーレーシングとサポートチームのラインナップを正式に発表。

発表されたチームと所属ライダーは以下のとおりです。

 

▼RED BULL KTM FACTORY RACING TEAM

#2 Cooper Webb(クーパー・ウェッブ)
#25 Marvin Musquin(マービン・ムスキャン)
チームマネージャー Ian Harrison

KTMのファクトリーチーム。2019年体制から変更はありません。

どちらもAMAスーパークロス/ナショナルに参戦予定です。

 

▼ROCKY MOUNTAIN ATV/MC – WPS – KTM TEAM

#4 Blake Baggett(ブレイク・バゲット)
#19 Justin Bogle(ジャスティン・ボーグル)
チームマネージャー Michael Byrne

昨年、代役ライダーとして加入したジャスティン・ボーグルは継続参戦。

レッドブルKTMと同じく、KTM 450 SX-Fファクトリーエディションで参戦します。

こちらも両選手ともにAMAスーパークロス/ナショナルに参戦予定です。

 

▼TROY LEE DESIGNS/RED BULL KTM FACTORY RACING TEAM

#30 Brandon Hartranft(ブランドン・ハートランフト)
#104 Brian Moreau(ブレイン・モロー)
#57 Derek Drake(デレク・ドレイク)
#163 Pierce Brown(ピアース・ブラウン)
チームマネージャー Tyler Keefe

昨年体制から一番変化があったのがこのトロイリー・レッドブルKTMのチーム。

4選手全てが今季新加入ということで、チーム体制が一新されています。

#104 Brian Moreau(ブレイン・モロー)はフランス人ライダーで、来季より全米デビューとなります。

 

KTMのファクトリーチームは10月19日(土)に開催予定の2019 モンスターエナジーカップには欠場の可能性が高いようです。

実際にお目にかかれるのは、来年1月に開幕するAMAスーパークロスからでしょうか。

Photo:KTM / Simon Cudby

広告

Related posts

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で