KTM、2021年モデルのSXシリーズをリリース


KTMから2021年モデルとなるモトクロッサー「SXシリーズ」が公式リリースされています。

新型コロナウイルス感染症の影響もあってか、昨年に比べておよそ1ヶ月半程度遅いリリースとなりましたが、今年も他メーカーに先駆けて21モデル先行リリースです。

リリースによると、2021年モデルでは主にサスペンションとシャーシの変更に焦点を当て改良。

エンジンは微調整による最適化が施され、WP製の前後サスペンションは新構造となり、新たにダンロップのGEOMAX MX33が装着されています。

450SX-F、350SX-F、250SX-Fの3つのモデルについては、バーパッドに埋め込まれた接続ユニットキットを使用すると、スマートフォンなどから「myKTM」という専用アプリを使用して、路面タイプ、コンディション、エンジンマップ、トラクションコントロールをはじめとした細かい調整が可能となっています。

以下、各モデルの画像とKTM公式のリリースビデオを貼り付けておきます。

 

▼KTM 450 SX-F 2021

 

▼KTM 350 SX-F 2021

 

▼KTM 250 SX-F 2021

 

▼KTM 250 SX 2021

 

▼KTM 150 SX 2021

 

▼KTM 125 SX 2021

 

▼bar-pad-integrated Connectivity Unit

 

▼Introducing the 2021 KTM Motocross range | KTM

Photo:KISKA/ktm.com

 

MX459から皆さまへ

この記事が良かったらAmazonギフト券(Eメールタイプ)を送って、MX459のご支援をお願いします。

受取人は「mx459donation@gmail.com」とご入力下さい。

匿名で15円からお好きな金額でご支援いただけます。

 

広告

 

Related posts

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で